■「サンタクロースっているんでしょうか?」人生で大切なこととは?

あなた様も子供の頃、『クリスマスの夜』にサンタクロースのおじさんがプレゼントを持って来てくれることを「ワクワク、ドキドキ」しながら眠りに着いた日があったかもしれませんにゃ🐈

サンタクロースのおじさんが、まさか自分の両親、或いはおじいちゃん、おばあちゃんだとは思いもしなかった。何の疑いもなくサンタさんを信じていた日があったのです。

あなた様と同じように、今から120年くらい前にニューヨークに住んでいた『バージニア』という少女もまた『サンタクロース』を信じる一人でした。

今日は、クリスマスにちなんで心温まる一冊の本を紹介します。

『サンタクロースっているんでしょうか?』
作:ニューヨーク・サン新聞 (社説)

今から120年くらい前にニューヨーク・サン新聞に、当時8才だったバージニアから「サンタクロースって、ほんとうに、いるんでしょうか?」という手紙が届きます。

そんな質問にニューヨーク・サン新聞の記者(フランシス=p=チャーチ)がとても心の温まる返信を1987年9月21日付の社説に掲載したものです。

『サンタクロースっているんでしょうか?』はその社説を訳した本なのですにゃ🐈

吾輩が、この本に出会ったのは今から30年近く前でした。
当時、大変御世話になった方からの贈り物として頂いたのです。

本の最後のページに直筆で『心豊かな人生を!』と書かれていて、本の内容と相まってとてもジーンと来たことを今も覚えています。

そんな心温まる、心にジーンと響くこの本の一部を抜粋して紹介しますにゃ🐈

◇バージニアからの手紙

「きしゃさま   あたしは八つです。あたしの友達に、「サンタクロースなんていないんだ」っていっている子がいます。パパに聞いてみたら、「サンしんぶんに、といあわせてごらん。しんぶんしゃで、サンタクロースがいるというなら、そりゃもうたしかにいるんだろうよ」といいました。ですから、おねがいです。おしえてください。サンタクロースって、ほんとうにいるんでしょうか?」

バージニアの純粋な質問に対し、ニューヨーク・サン新聞の記者(フランシス=p=チャーチ)はとても心温まる返信をするのです🐈

「バージニア、おこたえします。サンタクロースなんていないんだというあなたのおともだちは、まちがっています。

きっと、その子の心には、いまはやりの、うたぐりやこんじょうというものが、しみこんでいるのでしょう。

うたぐりやは、心のせまいひとたちです。心がせまいために、よくわからないことが、たくさんあるのです。それなのに、じぶんがわからないことは、みんなうそだときめているのです。

けれども、人間が頭で考えられることなんて、おとなのばあいでも、子どものばあいでも、もともとたいそうかぎられているのです。」
「そうです、バージニア。サンタクロースがいるというのはうそではありません。愛や、人へのおもいやりや、まごころがあるのとおなじように、サンタクロースもたしかにいるのです。」
「サンタクロースを見た人は、いません。けれどもそれは、サンタクロースがいないという しょうめいにはならないのです。」

「この世でいちばんたしかなこと、それは、子どもの目にも、大人の目にも、見えないものなのですから。

この世の中にあるみえないもの、みることができないものが、なにからなにまで、人があたまのなかでつくりだし、そうぞうしたものだなどということは、けっしてないのです。」

「あかちゃんのガラガラをぶんかいして、どうして音が出るのか、なかのしくみをしらべてみることはできます。

けれども、目に見えないまくをおおいかくしているまくは、どんな力のつよい人にも、いいえ、世界中の力もちがよってたかっても、ひきさくことはできません。

ただ、信頼と想像力と詩と愛とロマンスだけが、そのカーテンをいっときひきのけて、まくのむこうの、たとえようもなくうつくしく、かがやかしいものを、みせてくれるのです。
そのようにうつくしく、かがやかしいもの、それは、人間のつくったでたらめでしょうか?

いいえ、バージニア、それほどたしかな、それほどかわらないものは、この世には、ほかにないのですよ。」

スポンサーリンク

■人生で本当に大切なものとは?

人生で大切なものは、目には見えないけれど、確かに存在するものなのかもしれません。

『サンタクロースっているんでしょうか?』この本から生きていく上で大切なものは何かがわかるでしょう。

世の中には、「目には見えないもの、目には見えない力」が確かに存在していること。

それは、愛だったり、思いやりや真心だったり、信頼や想像力など目には見えないけれど、それはとても大切なものなんだということ。

そんな「目には見えないけれど大切なもの」と同じように「サンタクロース」も存在しているのです。

「サンタクロース」を信じる人の心の中に、ずっと存在し続けるのですにゃ🐈

大切なのは、いつも「目には見えないもの」なのかもしれません。

スポンサーリンク