■「苦しみや悲しみの数だけ」人は優しくなれるのかもしれない。

生きていくというのは、嬉しいこと、楽しいことばかりではありませんよね。

悔しいこと。

辛いこと。

孤独な時。

悲しいこと。

それは光が見えないように思ったり、もうダメかもしれないと感じたり、暗くて、真っ暗で涙を流してしまうこともあるでしょう。

けれども、時間を味方にすることで少しずつ立ち直れたり、水に流せたり、また新たな優しさに触れたりする。

少しずつだけど、色々な経験によって、今日より明日と成長していくものなのですにゃ🐈

■苦しくて辛い経験は…

■苦しくて辛い経験をしたから、苦しい人の気持ちがわかるのですにゃ。

■悲しくて涙を流したから、そんな悲しい気持ちがわかるのですにゃ。

■孤独な時間を過ごしたから、同じように孤独な人の気持ちがわかるのですにゃ。

■悔しい経験をしたから、悔しい経験をする人を応援したくなるのですにゃ。

こんな風に、言葉にしてみると…

「苦しみや悲しみの数だけ」人は優しくなれることを知ることができます。

苦しい経験や悲しい経験は、「優しさを知る為」にあるのかもしれません。

だとしたら、やっぱり必要な経験なのかもしれません。

そんな経験があるから、「優しさや人生で大切なものは何なのか」を知ることができるのですから。

スポンサーリンク