■波長が変わる時、人間関係が変わる⁈「別れ」を経験する理由

あなた様も、もしかするとこんな経験をした事があるかもしれません。

■入学や卒業、或いは留学、転職や転勤、結婚や離婚などの環境の変化で、今まで付き合いがあった人たちとの「別れ」

■凄く仲の良かった人と急に縁が切れた

■仲の良かった人となんだか話しや考えが合わなくなってきた

■付き合った人と何となく上手くいかなくなってしまった

■この人だと思って結婚したけど、離婚してしまった

そうです。「別れ」なのですにゃ🐈

人生は、いつも「出会い」と「別れ」を繰り返すものなのです。

どうして、あんなに気も合って仲が良かったのに、離れてしまうのでしょうか?

それはどうも「波長」と関係がありそうです。

スポンサーリンク

■波長が変わるとき

吾輩たちにはそれぞれ「波長」という目には見えない「オーラ」があるようです。

波長には良い波長と悪い波長があります。

■自分自身が「幸せだなぁ」とか「ありがたいなぁ」「嬉しいなぁ」と毎日を過ごしていると→「良い波長」を引き寄せて、周りに幸せな人が沢山集まってくる。

■逆に自分自身が「つまらないなぁ」とか「ウザいなぁ」「不幸だなぁ」と嘆いていると→「悪い波長」を引き寄せてしまう。

もし、今現在「悪い波長」の中にいても、そんなに悲観することはありません。自分の波長を少しずつ「良い波長」に変えていけば良いのです。

それには、➡︎小さな幸せを数えることが役立つと思います🐈

自分自身の「波長が変わる時」、或いは相手の「波長が変わる時」に、吾輩たちはそれぞれの「新しい世界」や「新しい経験」をする為に「別々の道を選択する」ことがあるのです。

「別々の道を選択」しても、少しずつ成長することで、また同じ人と出会うこともあるかもしれません。

けれども、多くの場合は離れ離れになり「新しい関係」を築きながら「自分の道」を歩いていくのですにゃ🐈

■「別れ」を悲しみにしない

「別れ」というと、吾輩たちはどうしても「悲しい」「辛い」などに執着してしまいます。

けれども、「出会うこと」も「別れること」も、実はとても自然な流れなのかもしれません。

なぜなら、吾輩たちは「毎日色々な経験をしたり」「聞いたり」「学んだり」することで、少しずつ自分の持っている「波長」が変化しているからです。

だから「別れ」を悲しみにするのではなく、お互いの門出、新たな出発にするのですにゃ🐈

旅人同士がお互いに良い旅を祈って別れることと似ています。

今まで、出会って来た「仲間」「恋人」「家族」「友達」「先輩」「後輩」全ての関わりがあった人たちに、感謝と敬意を持って「お互いにこれから経験すること」を心の中で遠くから応援すればいいのです。

「波長が変わる時」は、別れや環境の変化がある時なのです。

■人生は旅のようなもの⁈

吾輩たちは誰でもみんな「少しずつ学んで、生きる技術を磨いている」のですにゃ🐈

でも、学ぶペースが違ったり、学びたいものが違ったりする。

ここでの学ぶというのは、経験するという意味です。

だから、せっかく出会っても「別れる時期」が来ると、離れ離れになるのです。

人生は「旅のようだ」と言われますよね。

日常生活そのものが、吾輩たちの人生の旅なのです。

その旅の途中で、様々な人と「出会い」また様々な人と「別れる」。

長い間連れ添う「家族」や「パートナー」のような存在もいれば、ほんの一瞬だけ関わる人もいる。

それぞれの人生をより豊かにする為に、吾輩たちは旅を続けているのかもしれませんにゃ🐈

スポンサーリンク