■「動けない時」はじっとしていればいい⁈

生きていると「動けない」という時期があるようです。

変わりたいけど変われないとか、何かしたいけど何をすればいいのかわからない、行動したいけど動けないことがあるのです。

そんな時には、別に何もしないでじっとしていればいいのですにゃ🐈

何も慌てる必要など、どこにもないのですから。

■動けない時は焦らない

「動けない時」吾輩たちは、「焦って何かしなくてはいけない」と思ってしまうものです。

「〇〇でなければならない」という思い込みがあると、世間体を気にしたり、なんだか怠けているように感じたりして、焦ってしまうのです。

「動けない時があっても、いいじゃないか」と、もっと気楽になって、じっとして、ぼーっとして過ごすことも必要なのかもしれません。

「動けない時」は、人生の充電期間だと捉えて、なるべくリラックスして過ごすのです。

■リラックスするなら自然豊か場所が良い?

同じぼーっとするのら、何処か自然が豊かな場所で景色をただ眺めることもかなり有効な効果があると言います。

風の音や、木々の揺れる音、せせらぎの音や鳥の鳴き声、波の音などに倍音と呼ばれるリラックスしてひらめきを促す音がたくさんあって、吾輩たちの脳に働き掛けてくれるからです。

ひらめきは、吾輩たちが次の一歩を踏み出す時、つまり動き出す時のヒントを与えてくれると思うからです。

関連→■インスピレーションを得る方法と活かし方!

もしも、あなた様が「動きたいけど動けない時」「変わりたいけど、変われない時」「何かしたいけど、何がしたいのかわからない時」こんな時、焦らないで、むしろリラックスして、「時を待つ時間」だと考えてみるのです。

リラックスしなければ、いいアイデアは浮かばないからです。

もし、近くに自然豊かな場所がないとか出かけたくない時は、シャワーを浴びたり、リラックス効果があるCDなどを聴いてもいいと思います。

じっと動けない時間に、リラックスすることは、あなた様が「動き出せる時」どのような一歩を踏み出すのかを決めるヒントを与えてくれると思うからです🐈

焦らず、思い切りダラダラしたり、ぼーっとしたりすることで、あなた様の脳を休ませてあげるのです。

スポンサーリンク