■「いい人」をやめると変わること。

いい人をやめて、自分の人生を歩き始める時、様々な変化があるように思います。特に「人間関係」は大きく変わるのかもしれませんにゃ🐈

吾輩たちは、自ら進んで「嫌われたい」とは思わないでしょう。

けれども、誰にでも「いい人」で居続けると、段々そんな自分が嫌になってしまったり、辛くなってしまったりすることになります。

「いい人」は、自分の心の声を無視して、ついつい嫌なことでも断る勇気が無くて引き受けてしまったり、或いは断ること自体が面倒で引き受けてしまったりします。「〇〇でなければならない」という思い込みから、或いはいい人である自分を崩すことが怖くて、ズルズルと都合のいい人をやめられないでいることが多いように思うのです。

もし、そんな「いい人」で居続けることに、疲れたり、本当は嫌だなぁと思うのなら、是非とも➡︎人生に疲れた時、いい人をやめる⁈を参考にしてみてください。

いい人を諦める時、嫌われる勇気を持つ時、様々な変化があります。

一見、「辛いこと」のように感じることもあるかもしれませんが、それは必要な変化のように思います。

▪️いい人をやめる時

「いい人」をやめる、「都合のいい人」をやめることは、「嫌われる勇気」を持つことに似ています。

もし、思い切って「いい人=都合のいい人」をやめる時、もしかすると人間関係に於いて「別れ」や「新たな出会い」を経験するかもしれません。

それは、いい人をやめることで「自分自身の波長が変わる」からだと吾輩は思います。

波長が変わる時には、付き合う相手がガラっと変わってしまうこともあるのです。

詳しい記事は

関連➡︎波長が変わる時、人間関係が変わる⁈「別れ」を経験する理由

それは、はじめはなんだか「寂しい」と感じるかもしれません。

孤独だとさえ思ってしまうかもしれません。

けれども、そんな孤独な時間を自分と向き合う時間として、或いは人生の小休止として大事にして欲しいのです。

■波長が変わる時の記事でも書きましたが、人生には大きな転機が何度かあり、転機の時には今まで良い関係であった人たちとも「別れ」を経験することになるものなのです。

それは、吾輩たち一人ひとりが長い人生の中で「新しい経験」をする為に訪れるのですにゃ🐈

だから、寂しく感じるけれど、お互いの門出として、お互いの新しい出発にエールを送ればいいのです。

■ いい人をやめることは「自由」になること

「いい人=都合のいい人」を諦めて、自分を大切できるようになることは、より自然体でストレスの少ない生き方になると思います。

今までの「〇〇でなければならない」という思い込みから解き放されて、やっと自由になれるように思います。

他人の目を気にしないで、嫌われることを恐れないで、「良い人=都合のいい人」をやめることは、はじめは勇気がいることかもしれませんにゃ🐈

けれども、思い切って「勇気」を出した時、ようやく本当の「自由」を手に入れられるのです。

関連➡︎勇気を出したいけど、勇気が出ない?

スポンサーリンク