■長くて暗いトンネルを抜ける時

楽に生きるヒント!
スポンサーリンク

生きていると、まるで自分が「とてつもなく長くて、暗いトンネルの中を歩いているようだな」とそんな風に感じる時期があります。

そんな「長くて、暗いトンネルを歩いている時」吾輩たちは、ついつい弱気になってしまったり、もう無理かもしれないと諦めてしまったり、ついには後悔までしてしまうということもあるかもしれません。

トンネルの中にいる時、今自分は一体どのあたりを進んでいるんだろうか?と不安なることもあるかもしれません。

けれども、「長くて暗いトンネルの中を歩いているようだ」と思う時、悪いことが続いて苦しい時、どん底を経験する時、それは必ず好転する「チャンスの時」なのです。

関連→「悪いことの後に良いことがある」は、本当なのか?

関連→悪いことが続く時は、チャンスかもしれない⁈



後に必ずあなた様の心の支えとなり、「今思えば、あの経験が転機だった」とか、「あの経験があったから、変われた」となるものなのですにゃ🐈

今、あなた様が「長くて暗いトンネルの中を歩いている」としたら、それはいつか必ず実を結びます。

それどころか、半分成功したようなものなのですにゃ🐈

一歩ずつ、一歩ずつ進んで、いつか出口に出た時、とてつもなく遠くまで進んでいることに気づくのです。

長くて暗いトンネルを抜ける時、トンネルの中を歩いている時には考えられなかった世界があるのです。

”自分が選んだ道を、

信じて進んでみよう”

それは、ひどくデコボコしていて、時には嫌になってしまうこともあるかもしれません。

そんな「長くて暗いトンネル」にも、コツコツ続けて歩いていくことで、大きな太陽の光が射し込む出口があるのですから。