■相手に花を持たせる⁈

「相手に花を持たせる」という行為は、なかなか難しいことですね。並大抵ではできることではありません。吾輩なんかは、まだまだ勉強中です。

「相手に花を持たせる」ことは、非常に奥深くて、そして「非常に頭が下がる」行為だと思います。

「相手に花を持たせる」って、具体的にどんなことなのでしょうか?

■相手に花を持たせるとは⁈

・人に名誉や手柄を譲ること

・その人を立てて功を譲ること

・相手に恥をかかせないこと

・縁の下の力持ち

・自分が自分がと「自分がどんなに優れているか」や「自分の方が凄いんだ」と披露する必要がなく、相手を気持ち良くしてあげられること

相手に花を持たせることで、何よりも人間関係を円滑にすることができます。

相手も自分も穏やかで、気持ち良い時間を過ごすことが出来る「本当に頭が下がる行為」だと思います。

相手に花を持たせられるようになるには…?

「人間の器」が大きく関わってきそうです🐈

吾輩が憧れたり、尊敬したりする人は「流石に器が大きいなぁ」と感動することがたくさんあります。

■「器が大きい人」とは?

■色々な場面で→心に余裕がある(→質素倹約でも取り上げた「金銭的余裕」が心の余裕にも繋がる!)時間にも余裕を持っている

■色々な経験を積んでいる

■小さなことに拘らない                 →■「小さいことにくよくよするな!」リチャード・カールソン

■相手を認めることができる(許すことができる)

■自分の軸を持っている

■全体の大きな流れやその先のことを見ている

「器を大きくすること」で、「相手に花を持たせる」ことが出来そうな気がします。

「相手に花を持たせられる人」は、目立つ存在ではないのかもしれません。

穏やかで、控えめで、それでいてとても芯があって、少しも威張るところがない。そんな存在なのかもしれません。

逆に相手から花を贈られた人にとっては「大変印象深い人」「逆に頭が上がらない人」にもなりそうな気がします。

もし、吾輩が相手から花を持たせられたとしたら間違いなく「尊敬」してしまうと思います。

「相手に花を持たせられる人」には、急に成れるようなものではないでしょう。

それでも今日より明日と「少しずつ良くなる」失敗や試行錯誤を繰り返して少しずつ「相手に花を持たせられる人」そんな存在になりたいですにゃ🐈

スポンサーリンク