■職場の人間関係に疲れた時、辛い時の対処法!

人間関係に疲れた…

人間関係が辛い…

職場の人間関係に疲れたり、辛い時、本当に仕事に行くのも嫌になってしまいますよね…

吾輩たちは、多くの時間を仕事に費やしています。

その仕事をする時間が、そんなにも辛くてたまらないのでは、本当に大きなストレスがかかってしまいます。

「ストレス」を上手く発散させられる人もいれば、逆に「ストレス」を溜め込んでしまう人もいるかもしれません。

「ストレス」の器が一杯になって、「ストレス」が器から溢れ出る時、もう限界かも…もう我慢出来ない…もう辞めてやる!となってしまうのではないでしょうか?

辞めることは案外簡単なのですが、様々な事情によりどうしても仕事を辞められない、特に金銭的な理由から辞められない…「ストレス」は溜まる一方だと塞ぎ込んでしまう人も多いかもしれません。

こんな状況を抜け出す為に、病気にならない為に、どうすればストレスを減らすことができるのでしょうか?

人間関係に疲れた時、辛い時の対処法を考えてみましょう。

スポンサーリンク

■人間関係を楽にする対処法


■自分を大切にする。

人間関係がうまくいかない時に、なぜ自分を大切にすることが大事なの?と思うかもしれませんにゃ🐈

■自分を大切するとは?自分を大切する生き方!という記事でも紹介しましたが、自分自身を大切することで、相手のことも、大切にできるようになるからです。

自分自身を尊重して、大切に扱わなければ、相手からも大切にされないと思うからです。

自分を大切するとは、我儘になることではないのですにゃ🐈

我慢しすぎたり、卑屈になりすぎたり、言いたいことが言えなかったり、やりたいことが出来なかったり、いい人になりすぎたりすることを止めるのです。

そうすることで、自然と相手のことも尊重し大切にすることができるようになります。

なぜなら、今まで自分が我慢したり、本当は〇〇なのに自分自身の作ったルールに縛られたり、人の目を気にしすぎたりがなくなるからです。

自分自身が作ったルールを手放すことで、相手にそのルールを押しつけなくなるからです。

自分を大切にすることで、寛大な心を手に入れるのです。

■相手に媚びを売る代わりに、敬意を持つ。

媚びを売るとは?

媚びを売るとは、相手の機嫌をとるためにへつらうこと、或いは上の人に気に入られようとすることなどが挙げられそうです。

媚びを売ることは、相手の機嫌ばかりを伺って過ごすことになります。

その為「相手がどう思うのか」や「相手の目が気になる」など、常に他人の軸に合わせることとなり、相手から振り回されているように感じてしまいます。

逆に、相手が誰であろうと「相手に敬意を持って接すること」は、より自然にコミュニケーションが取れるのではないでしょうか?

相手がどんな反応をするかは、相手によって様々です。

たとえ、どんな反応をされたとしても、こちらは敬意を持って丁寧に接するだけでいいので、複雑な思いが入り混じった人間関係を「シンプル」にすることができるのです。

■相手に過度の期待をしない

過度の期待をすると、常に期待ハズレだとか、裏切られたとか、思い通りじゃなくてイライラしたり、落ち込んだり、これもまた振り回されるのですにゃ🐈…

始めから、期待をしないと決めていれば、振り回さずに済みそうです。

相手も自分も期待通りにはいかないこと、人はみんな違うんだということを認め、受け入れることで、ずいぶん気持ちが楽になります。

仮に、仕事を辞めたとします。けれども、どこへ転職して何をしても「人間関係」はなくならないのですにゃ🐈

逆に今の職場だろうと、転職先だろうと、どこへ行っても「人間関係を楽に捉える方法」がわかっていれば、人生そのものが楽になり、悩みに時間を取られなくなるのでおすすめです。

詳しくは■人間関係が楽になる方法と考え方!という記事で紹介しています。

■悪口、陰口は言われても、自分は言わない。

悪口や陰口は、人が集まればどうしてもあるのかもしれませんにゃ🐈…

悪口や陰口は、言えば言うほどに恥ずかしいことだと思います。

なぜなら「自分はこんなに悪口や陰口を言いまくってますよ」と自ら周りにお知らせするようなものだからです。

悪口や陰口を言うと、どうしても信頼が下がると思うのです。

悪口をもし言われても、自分は言わない。シレーっとしていれば良いのですにゃ🐈

けれども、悪口を言われるようなことがあっても、なくても、余程の事でない限りは、取るに足らない小さなことだと思います。悪口をいう人の心が疲れていたり、不満やストレスを抱えているのかもしれませんね。

関連:■悪口を言われる理由。悪口を言われるくらいがちょうどいい⁈

■くよくよ悩まない

人間関係が悪い中で、失敗して注意されたりすると、くよくよと悩んでしまうかもしれません。

理不尽に怒られたり、ミスを注意されたり、無視されたり、そんなことがあるとかなり凹みますよね…

でも、「しょせん、すべては小さなこと!」こんな風に思えたなら、ずいぶんと気が楽になるのではないでしょうか?

そうなのです!

どんなことも、もっと気楽に捉えることで、色々な出来事を悲劇から喜劇に変えることができるのです!

関連:■「小さいことにくよくよするな!しょせん、すべては小さなこと!

仕事をする中で、誰だってミスや失敗をしてしまう時があるものです。

始めから「よーし、今日こそは失敗してやるぞ!」と思う人などいるのでしょうか?普通に考えると、失敗したくて失敗するような人はあまりいないのではないでしょうか?

失敗するには、色々な要因が重なって失敗してしまったのだと思うのです。

失敗を次に活かせれば、その失敗は生きてきます。

もし、「理不尽なことで怒られた」と思う時は、この記事が参考になるかもしれません。

関連:■「理不尽なこと」で悔しい時、思い出してほしいこと。

■嫌われる勇気を持つ。嫌われることを恐れない。

相手がどう思うのか、気になる気持ちもわかりますけれど、こればかりはどうしようもないことなのですにゃ🐈

なぜなら、相手の気持ちは相手が決めることだからです。

こちらは、敬意と誠意を持って接するだけです。それで、もし嫌われたとしたら、仕方がないことなのですにゃ🐈

だから、嫌われるかどうかを気にしなくて良いのです。

全ての人と上手くいくわけではないのですから、気にしなくて良いのです。

相性や波長が合わない相手と必要以上にうまくやろうと欲張らず、仕事に差し障らない程度の距離感で付き合えばいいのです。

関連:■承認欲求は必要なのか?嫌われる勇気を持つ⁈

■仕事以外の時間を充実させよう

悩みやストレスがある時は、一番食べたい物を味わって食べましょう。

悩みやストレスは辛い時間になります。

体力も消耗するので、食べものは一番食べたい物を食べてくださいね。幸せなひと時を過ごすことは、癒やしになると思うからです。

だけど、悩み事は→悪いことは→「チャンス」ですから■悪いことが続く時は、チャンスかもしれない⁈を参考にして、あまり落ち込まないでくださいね。

自分のプライベートな時間を職場の人間関係の悩みでいっぱいにしないで、「嬉しい、楽しい、面白い、美味しい、感動」で過ごしてほしいのです。

自分自身が気分良く過ごすことで、悩み事など、どうでも良くなると思います。

上司であろうと、同僚や後輩であろうと、他人に自分の気分や機嫌を左右されない「自分の軸」を鍛えるのです。

■本当に仕事に行きたくない、辞めたい時は…

もし、本当に辛くて辞めたい時は…

自分の生き方について…

自分は本当は何をしたいのか?

自分はどんな風に過ごしていきたいのか?

自分は何をしたくないのか?

自分はどんな人でありたいのか?

と考えなければなりません。

自分自身と向き合って、自分が納得できる選択をする為に動き出してくださいね。

世の中には、たくさんの生き方があります。

本当に辛い時は、辞めるという選択もあるのです。

人生はお金をたくさん稼ぐことだけが、目的ではないのですから。

仕事は、生きていく為の手段の一つに過ぎません。

どんな時間を過ごすのか?過ごしたいのか?と想像してみるのです。

関連:■好きなことをして生きていくには⁈好きなことで生きていけるのか?

スポンサーリンク